ベルタマザークリームは顔に塗ってもOK?

ベルタマザークリームは、顔に塗ってもOKのクリームで、特にナイトケアに向いています。

 

お腹に塗ったら、手に残ったクリームをそのまま顔にも塗ることができるので、色々な肌トラブルに活用できるクリームです。

 

顔のホウレイ線・シワケアにも向いているので、1本持っておくと便利で、何かと安心できます。

 

ベルタマザークリームはお肌に優しい♪

ベルタマザークリームは、妊娠線の予防やケアに最適なクリームとして人気を集めている商品です。クリームに配合されている成分も、保湿性・浸透性が充実していて、肌に優しいという事なので、妊娠線だけではなく他の肌トラブルにも活用することができるクリームです。

 

活用できる例を挙げると、

  • ダイエットの時にできた皮膚のタルミを引き締めたい
  • 足や体の乾燥している部分に塗りたい
  • 手やかかとのガサガサした部分に塗りナイトケアがしたい

など、色々な肌トラブルに活用できる魅力的なクリームなのです。

 

そこで、「じゃあ、顔に塗っても大丈夫なの?」という声も多いのですが、肌トラブル適しているクリームとは言うものの、ボディ専用に作られているのでは?というイメージが強いです。

 

しかし、口コミを見てみると、「顔に塗っても問題はなく、ツルツルしてきた」という声が多数寄せられていました。

 

ベルタマザークリームは顔に使ってもOK!

顔は敏感に反応してしまう方も多いのですが、マザークリームは大丈夫に感じる方も多く、夜のナイトケアにも利用している方も多いようです。

 

顔全体に塗るのではなく、ホウレイ線や目元の小じわなどのポイント塗りでもOK!お腹のケアをした後に、手についているクリームをそのまま顔に塗っても良いですよね!最初に美容液を浸透させておくと、クリームも馴染みやすいと思います。

 

たっぷりと付けすぎず薄く優しく塗っていき、顔のツルツル効果も実感できるので、もし余ってしまったという場合には、顔に使うのも良いアイデアですね!

 

ホウレイ線やシワも、乾燥やタルミが原因で引き起ってしまう肌トラブルなので、浸透力や保湿性が充実しているマザークリームを利用することで、顔のケアも同時に行うことが出来ます!普通の保湿クリームではなく、浸透力や保湿力が充実し、美容成分も含まれているクリームなので、使いやすく感じる方は多いようです。

 

普通では、ボディクリームとフェイスクリームは別にしなければならないイメージが強いのですが、マザークリームは刺激成分が含まれていないので、安心して活用することができます。

 

と言っても、フェイス専用のクリームではないので、スキンケアには向いていません。顔に使用するときは、スキンケア後のクリームとして部分的に使う方が効果的に感じます!

 

妊娠線の予防・ケアクリームなのですが、顔にも付けることが出来るのはとても魅力的です。他の肌トラブルにも活用できるので、持っていると何かと安心できますね!

 

ベルタマザークリームをさらに詳しく知りたい方はこちら

 

関連ページ

ベルタマザークリームには使用期限ってあるの?
ベルタマザークリームには使用期限があり、未開封の場合は2年保管しておくことができます。期限が過ぎてしまうと肌荒れの原因になるので、過ぎてしまった場合は、もったいないですが破棄しましょう。
妊娠前からベルタマザークリームを塗っても大丈夫?
今話題の妊娠線クリーム「ベルタマザークリーム」を購入するなら、こちらの通販サイトがおすすめです!
ベルタマザークリームの容量は多い?少ない?1本でどのぐらい使える?
ベルタマザークリームの容量は120gと少なく感じる方は多いようですが、伸びが良く保湿力もあるので基本的には足りるとされています。しかし、妊娠後期や冬の乾燥が気になる季節になると、1日2回塗りたいという方も多く、2本の購入が1番良いのですが、別な保湿クリームを塗るのも良い方法です。
ベルタマザークリームの気になる香りは?つわり中でも大丈夫?
ベルタマザークリームは、妊娠初期からの利用が理想的な商品で、つわり中でも「気分が悪くなった」という口コミは限りなく少ないです。無香料無添加の商品なので、安心してお手入れをすることができるクリームです!
ベルタマザークリームの1日の使用量って決まってる?
ベルタマザークリームの使用量は1日4gと、少なく感じる方も多いのですが、少ない量でも伸びが良く、効果も発揮してくれるので深く考えすぎなくても大丈夫です。それでも心配な方は、2本の購入や、別なクリームを利用して、足りない部分に利用していくことをおすすめします。
ベルタマザークリームのおすすめの使い方♪
ベルタマザークリームは人気の妊娠線クリームです。より効果を実感するために、おすすめの使い方をご紹介します!