ベルタマザークリームとニベアの決定的な違いとは!?

ニベアは万能クリームとして有名ではありますが、残念ながら妊娠線対策クリームではありません。

 

そのため妊娠線や正中線のケアをしたいというときにはおすすめではないということを理解してください。

 

ニベアはファミリー向け保湿クリームです。

 

ニベアってどんなクリーム?

 

何かとニベアは話題となるクリームですが、妊婦専用ではありません

もちろん妊娠線や正中線に効く成分は一つも入っていません。

 

そのため全身に使える保湿クリームと考えるのが正しいでしょう。
コスパがいいので家族みんなで使えます。

 

ただし値段が安い分、敏感肌の人には向いていないと言えます。
ニベアには残念ながら無添加ではないので石油由来成分の添加物が使用されています。

 

神経質になる必要はないと思いますが、過敏肌の方や添加物に対するアレルギーを持つ方も中にはいると思います。
不安な方はニベアではなく、きちんとした無添加クリームを探すのが無難です。

 

安価なクリームには保存料、香料などが使われているケースが多いため、購入前に成分を調べることをおすすめします。

 

ニベアをとりあえず塗ってみて、アレルギーがないのであれば使用しても構いませんがあくまでも保湿の機能だけと考えましょう。

 

ベルタマザークリームってどんなクリーム?

 

ベルタマザークリームには代表的な成分としてシラノール誘導体、コエンザイムQ10、葉酸の3つの成分が入っています

この3つが大きな違いです。

 

シラノール誘導体は保湿だけでなく、角質層の奥まで届いて美白効果もあるものです。

 

ニベアに入っているスクワランやホホバ油は肌の表面だけを保湿するものです。
妊娠線は皮膚が避けている状態なので表面保湿だけではやはり不十分ですね。

 

コエンザイムQ10や葉酸は肌の新陳代謝を活発にしてくれるので、古い角質が自然に剥がれてメラニン色素を追い出してくれます

 

そうすることによって線が少しずつ薄くなりますし、肌の裂け目やデコボコも消えてくれるのです。

 

もちろんベルタは保存料なども無添加なので敏感肌の方にも安心して使っていただけます
毎日塗るものですのでできれば安心して使えるものがいいでしょう。

 

ニベアも使ってもいいのですが、それだけでは足りないものだと考えてください。
妊娠線に関係のない保湿目的であれば(たとえば髪の毛をしっとりさせるなど)特に問題ないものです。

 

コストを抑えたい気持ちは理解できますが、妊娠線に関しては専用クリームを使わないと後から後悔することになってしまいます。