妊娠初期からベルタマザークリームでしっかり妊娠線ケア♪

ベルタマザークリームは、妊娠線を作らない効果が期待できるクリームです。

 

お肌のトラブルをケアするシラノール誘導体、ボディを引き締める葉酸が含まれている他、お肌のリズムを整えるコエンザイムQ10や、妊婦さんに必要なアミノ酸やビタミンが5種類含まれています。オーガニック原料を5種類使用し、美容成分も3種類含まれており、体にもやさしいのが特徴です。

 

ナチュラル成分は、ローズマリー、タチジャコウソウ、ノコギリソウ、カンザシ、カニナバラが含まれています。美容成分としては、ヒアルロン酸のおおよそ2倍の保湿力があるスーバーヒアルロン酸や保湿性が高いコラーゲン、おおよそ250倍のアミノ酸が含まれているプラセンタです。

 

妊娠時のお肌のトラブル予防や緩和におすすめです。妊娠線を作らないためには、日々の保湿がポイントです。お腹まわりだけではなく、皮膚がのびる場所にしっかりとクリームを塗り込むと良いでしょう。医薬品製造と同じレベルのGMP認定工場で国産製造をしている製品です。

 

ベルタマザークリームの使用方法

クリームの使用方法は、500円玉ほどの大きさくらいを手にとり、気になる部位にやさしく塗り込むだけ。特にお腹まわりは優しくなでるように塗り込みます。

 

お腹の妊娠線を作らないためには、おへそまわりを円をえがくようにマッサージしていき、おへそから上は下から上へゆっくりなでていきます。下から上へ塗る際に、ゆっくり鼻から息をすって口からはく呼吸をします。血行がよくなる作用もあります。おへそから横の部分には、中心から外側へ向かって塗っていきます。深呼吸をしながら行ないます。

 

ベルタマザークリームはいつから使う?

ベルタマザークリームは、おなかが出始める前から開始することがポイントです。

 

体重が増加してからではトラブルができやすい場合もありますので、妊娠線を作らないためには、トラブルのでる前から行なうことがポイントです。妊娠初期から産後まで、乾燥が気になったらケアをすると良いでしょう。

 

もし余ったとしても、赤ちゃんの保湿クリームとしても使用することができますので、産後は母子共に乾燥を防ぐために使用することができます。

 

ベルタマザークリームは、つわりの時期でも使用しやすいよう、お肌に塗った際に香りが感じにくい程度の柑橘系の香りです。においに敏感な時期でも安心してしようすることができます。無香料、無着色、紫外線吸収剤や石油系界面活性剤、エタノールやシリコン、鉱物油、パラベンも全て無添加です。

 

続けやすい定期便もありますので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

ベルタマザークリームの詳細はこちら

 

関連ページ

ベルタマザークリームの解約は簡単にできるの?
ベルタマザークリームの定期購入は、6ヶ月の縛りがあり、いかなる理由があっても解約することはできません。定期購入の前に単品で購入し、試しに使用してから定期購入をするのが安全策です。
ベルタマザークリームが人気ナンバー1の理由とは?
今話題の妊娠線クリーム「ベルタマザークリーム」を購入するなら、こちらの通販サイトがおすすめです!
ベルタマザークリームはできてしまった妊娠線に効果なし?
ベルタマザークリームは、妊娠線予防クリームとしての効能が強い商品です。しかし、できてしまった妊娠線のケアは全くできないという事ではなく、時間が掛かってしまいます。ケアは、諦めずに毎日の取り組みが鍵になるので、コツコツと続けていきましょう!
ベルタマザークリームは産後のお肌の引き締めにも効果あり?
ベルタマザークリームは、予防・ケア・引き締めに効果的なクリームですが、効果を実感する為には早めのお手入れ開始が鍵になります。妊娠線が出来たとしても、諦めずにケアを続けていくことで、症状を軽くさせることが出来、産後のボディの引き締めもスムーズにいきます。
ベルタマザークリームが余ったらどうする?
クリームが余ってしまったら、最大2ヶ月のお休みと、お届け日の変更ができます。妊娠線予防をするなら「ベルタマザークリーム!」という人気のクリームなので、余すことなくきっちりと使い切れるようなお手入れをしていきましょう!
できてしまった妊娠線にベルタマザークリームは有効か?
既にできてしまった妊娠線と言っても、人それぞれ症状が異なります。薄い妊娠線であれば、マザークリームでも有効的なのですが、パックリ割れてしまった妊娠線には効果は薄いようです。パックリ割れた妊娠線のケアだけしたいという方は、マザークリームは不向きです。
ベルタマザークリームで正中線は薄くできる?
基本的には正中線は突然できて自然と消えるものなので、妊娠線と違ってお手入れする必要はないものです。しかし、人によっては消えるのに時間がかかることもあります。いつまでも消えない場合は病院に相談しましょう。