妊娠前からベルタマザークリームを塗っても大丈夫?

 

つわり

 

妊娠して赤ちゃんがお腹に授かり本当に幸せな気持ちになりますよね。
だけど女性の体は妊娠するとやはり色々変わってきますよね。

 

妊娠線はなぜできるの?

 

妊娠線ってご存知ですか?
妊娠線や痒みある湿疹(妊娠性湿疹とも言われています)も出来なかったり出来たりするのも個人差もありますよね。

 

妊娠線ができる予兆はお腹が重い、皮膚が痒くなったり乾燥や湿疹が出来てしまうのが妊娠線が出来る予兆とも言われています。

 

皮膚が乾燥して粉が吹く状態だと保湿をしてあげないと亀裂が入ってしまうという状態になってしまいます。

 

お腹の赤ちゃんはどんどん大きくなるにつれて皮膚が追い付かなく皮膚が伸びてし線が出来てしまいます。
妊娠線前からベルタマザークリームを塗る事は大切ですよね。

 

理由はつわりで栄養がお母さんより赤ちゃんに最優先にとられてしまいホルモンバランスも崩れてしまいがちで妊娠性湿疹になりやすくなります。
なので妊娠線が出来る前にしっかりと保湿をする事が大切です。
赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹が大きくなるのもありますが急激な体重増加も、
もちろん妊娠線ができやすくなる原因でもあります。

 

ベルタマザークリームの成分は?

 

つわり

ベルタマザークリームは、シラノール誘導体の成分やオーガニック原料5種類が配合されています。

コエンザイムQ10ヘスぺリジンの成分が入っています。

 

ベルタマザークリームには高い保湿力があるので妊娠線が出来る前からクリームを塗っても問題はありません。

 

安心なのが葉酸美容成分ビタミンアミノ酸5種類が入っていて無添加なので赤ちゃんにもお母さんにも安心できる商品です。

 

妊娠してお母さんもお腹の赤ちゃんの大きくなる成長の喜びも、お母さんの体の体調の変化もありますが妊娠前からしっかり保湿する事が大切です。

 

妊娠線ができる前からしっかりケアを!

 

3人の母をしていますが、1人目の時は妊娠線はできなかったのですが2人目の時臨月になる前から保湿をしていました。
体の痒みやお腹の重みに乾燥といった悪循環な状態で育児に追われていてサボっていた結果妊娠線が出来てしまいました。
それから毎日毎日塗ってましたが出来たものはショックでしたが今は母親の勲章だと言い聞かせています。

 

個人的な話になりましたが妊娠線が出来る前からベルタマザークリームをしっかり塗って出来ないように心がける事をお勧めします。
やはり母親も女性ですから美容や外見を大切する気持ちはあると思います。

 

ベルタマザークリームは美容成分も入っていますしベタつき感もありません。
妊娠線が出来ない予防をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連ページ

ベルタマザークリームには使用期限ってあるの?
ベルタマザークリームには使用期限があり、未開封の場合は2年保管しておくことができます。期限が過ぎてしまうと肌荒れの原因になるので、過ぎてしまった場合は、もったいないですが破棄しましょう。
ベルタマザークリームは顔に塗ってもOK?
ベルタマザークリームは、顔に塗ってもOKのクリームで、特にナイトケアに向いています。お腹に塗ったら、手に残ったクリームをそのまま顔にも塗ることができるので、色々な肌トラブルに活用できるクリームです。顔のホウレイ線・シワケアにも向いているので、1本持っておくと便利で、何かと安心できます。
ベルタマザークリームの容量は多い?少ない?1本でどのぐらい使える?
ベルタマザークリームの容量は120gと少なく感じる方は多いようですが、伸びが良く保湿力もあるので基本的には足りるとされています。しかし、妊娠後期や冬の乾燥が気になる季節になると、1日2回塗りたいという方も多く、2本の購入が1番良いのですが、別な保湿クリームを塗るのも良い方法です。
ベルタマザークリームの気になる香りは?つわり中でも大丈夫?
ベルタマザークリームは、妊娠初期からの利用が理想的な商品で、つわり中でも「気分が悪くなった」という口コミは限りなく少ないです。無香料無添加の商品なので、安心してお手入れをすることができるクリームです!
ベルタマザークリームの1日の使用量って決まってる?
ベルタマザークリームの使用量は1日4gと、少なく感じる方も多いのですが、少ない量でも伸びが良く、効果も発揮してくれるので深く考えすぎなくても大丈夫です。それでも心配な方は、2本の購入や、別なクリームを利用して、足りない部分に利用していくことをおすすめします。
ベルタマザークリームのおすすめの使い方♪
ベルタマザークリームは人気の妊娠線クリームです。より効果を実感するために、おすすめの使い方をご紹介します!