妊娠線をはじめて見た男性の本音とは!?

mamanic

女性の大敵である妊娠線

可愛い赤ちゃんに出会えると思うと幸せでいっぱいですが、母体には多くの負担がかかることも考えなければなりません。

 

よく出産を経験した女性の話を聞くと、体型が元に戻らない肌質や髪質が変わってしまったなどたくさんの話を聞きます。
そんな中でも多くの女性が悩まされるのは、妊娠線です。

 

これは正直、頑張って予防していてもできてしまう人はいるのです。
そして一度できてしまうと消えないのが妊娠線です。

 

妊娠線に対して男性の本音は!?

 

特に男性には妊娠線の存在すら知らない人も多く、最初に見た時にびっくりしてしまう人もいます。

 

男性の本音は大体2パターンに分かれます。

 

「お母さんになる素晴らしい証だから、何も気にならない」
「ちょっと引いてしまった」

 

この2パターンに分かれます。

 

前者のように思ってくれる男性ばかりだと女性も嬉しいでしょうが、おそらく少数です。
多くの男性が後者の意見となるでしょう。

 

女性は大きな体の変化がおきています!

 

妊娠線予防のケアを行うことはもちろんですが、それでもできてしまった人はどうしようもないですよね。

 

mamanic

ある程度体質的なものもあると思いますので、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。

 

そして男性には女性には大きな体の変化が起きてしまうことを理解してもらえるように、あらかじめ説明しておくことが必要かもしれません。

 

男性には妊娠なんて現象は本当に未知の世界で、女性が思っているよりもっと理解しにくいようです。

 

あまりにもきついことを言われるようなら、産婦人科などで行っているパパ教室に一緒に行って、妊娠するとどれほどの負担が体にかかるか体感してもらうことも手かもしれません。

 

女性にとっても、初めての妊娠だと不安やしんどいことがたくさんあります。
そんな中で支えとなる男性陣が優しい言葉を1つでもかけてあげるとそのあとの夫婦関係もより良いものとなるでしょう。

 

妊娠中の発言や行動は、女性は一生覚えているものです。
男性は本音をぶつけるだけではなく、女性の体と心の変化を理解しようとすることがとても大切なことだと思います。

 

関連ページ

妊娠線が一番できやすいのはいつ?
妊娠線ができてしまうことを恐れている方はたくさんいます。では、妊娠線が一番できやすい時期はいつなのでしょう?
妊婦さんの50%以上に妊娠線ができるって本当?
妊娠線とは主にお腹やももやお尻、そして胸などにできるスイカの模様のような線です。一度できてしまうと、いつの間にか消えるなんてことはありません。赤紫色の模様がいつの間にか現れるのです。出産後には赤紫ではなく、白っぽくなりますが消えるという事ではありません。線の跡が残ってしまうのです。妊娠していなくても、急に体重が増加することで同じような線ができてしまう事があります。女性だけでなく男性にもできる線なのです。
1人目で妊娠線ができない人は2人目も安心?
女性は妊娠すると見た目にも心にも大きな変化が起こります。一度出産を経験された方は特にお分かりでしょうが、体に変化が起こることで女性としての自信をなくしてしまうこともあるのです。特に気にされる方が多いのは妊娠線です。お腹が急激に大きくなることで、表面の皮膚が伸びてしまい、その際にひび割れてしまうのです。しかし中には妊娠線が全くできない人もいます。ケアを行っているかどうかも大切ですが、その人の体質的なものもあります。
妊娠線ができやすい人ってどんな人?
妊娠線ができやすい人は、急激な体重増加や乾燥肌の方ができやすいです。妊娠線予防に取り組み、妊娠線ができやすい人の特徴を知っておくことで、念入りなお手入れをすることができ、予防に努めることができるのです。