妊娠線が一番できやすいのはいつ?

女性が人生の中でも最も大きく体に変化が起きる「妊娠」。

 

見た目も心も計り知れないほどの変化が起こります。いくら医療が発達したからと言って、お腹に1つ生命を宿すわけですから本当に命がけです。

 

今回は女性が一番気にしやすい妊娠線について考えていきましょう。

 

妊娠線は一度できると消すのは難しい

妊娠線は一度できてしまうとなかなか消すことが難しいものです。

 

見た目にもろに出てしまうので、特に気にされる人は多いようです。ではどのように気をつけたら良いのか、そしてできやすいのはいつなのかを考えていきましょう。

 

妊娠線ができる理由は、お腹が急激に大きくなることでお腹の皮膚が伸びてしまい、その際にひび割れてしまうことにあります。お腹の中にいる赤ちゃんが急激に大きくなるタイミングがあるのです。

 

人によっても違いますが、多いのは安定期に入る5ヶ月頃からと出産間際の臨月です。

 

特に臨月は油断しやすい時期ですが、本当にびっくりするぐらい日に日に大きくなっていきます。赤ちゃんも生まれてくる準備のために一生懸命大きくなろうと頑張っているのです。

 

しかし、お母さんはもうそろそろだからもういいだろうとお腹のケアを怠りがちになります。妊娠線を予防するためには乾燥を防ぐことが大切です。毎日保湿クリームでしっかりたっぷりとお腹に優しく塗って予防することが大切です。

 

おへその下もしっかりケアして!

お腹が大きくなると特に、おへその下辺りが見えなくなってしまいますが、実はその場所に妊娠線はできやすいのです。

 

鏡で見てみたらできてしまっていた方も多いようです。少しでも妊娠線予防するためには、遅くても5ヶ月頃から出産までケアを続けることです。

 

精神的な心の変化やホルモンバランスの変化は出産してしばらくすると少しずつ落ち着いてきますが、妊娠線は何年たっても消えません。できやすい時期をしっかりと把握し、その前からケアを行うことができるよう早め早めに準備しておきましょう。

 

たまには旦那様にお腹の赤ちゃんに話しかけてもらいながらクリームを塗ってもらうのも良いコミュニケーションとなるのでおすすめです。

 

関連ページ

妊婦さんの50%以上に妊娠線ができるって本当?
妊娠線とは主にお腹やももやお尻、そして胸などにできるスイカの模様のような線です。一度できてしまうと、いつの間にか消えるなんてことはありません。赤紫色の模様がいつの間にか現れるのです。出産後には赤紫ではなく、白っぽくなりますが消えるという事ではありません。線の跡が残ってしまうのです。妊娠していなくても、急に体重が増加することで同じような線ができてしまう事があります。女性だけでなく男性にもできる線なのです。
妊娠線をはじめて見た男性の本音とは!?
女性の大敵である妊娠線。可愛い赤ちゃんに出会えると思うと幸せでいっぱいですが、母体には多くの負担がかかることも考えなければなりません。よく出産を経験した女性の話を聞くと、体型が元に戻らない、肌質や髪質が変わってしまったなどたくさんの話を聞きます。そんな中でも多くの女性が悩まされるのは、妊娠線です。これは正直、頑張って予防していてもできてしまう人はいるのです。そして一度できてしまうと消えないのが妊娠線です。
1人目で妊娠線ができない人は2人目も安心?
女性は妊娠すると見た目にも心にも大きな変化が起こります。一度出産を経験された方は特にお分かりでしょうが、体に変化が起こることで女性としての自信をなくしてしまうこともあるのです。特に気にされる方が多いのは妊娠線です。お腹が急激に大きくなることで、表面の皮膚が伸びてしまい、その際にひび割れてしまうのです。しかし中には妊娠線が全くできない人もいます。ケアを行っているかどうかも大切ですが、その人の体質的なものもあります。
妊娠線ができやすい人ってどんな人?
妊娠線ができやすい人は、急激な体重増加や乾燥肌の方ができやすいです。妊娠線予防に取り組み、妊娠線ができやすい人の特徴を知っておくことで、念入りなお手入れをすることができ、予防に努めることができるのです。