妊娠線ができやすい人ってどんな人?

妊娠線ができやすい人は、急激な体重増加や乾燥肌の方ができやすいです。

 

妊娠線予防に取り組み、妊娠線ができやすい人の特徴を知っておくことで、念入りなお手入れをすることができ、予防に努めることができるのです。

 

 

妊娠線クリームを使っても妊娠線はできる!?

妊娠線を作らせないためのクリームを塗っているはずなのに、妊娠線ができてしまった方も多いのでは?

 

しかし、「予防を全くしていないが妊娠線はできなかった!」こんな方もいますよね!

 

それでは、なぜお手入れをしているはずなのに妊娠線ができてしまうのでしょうか?

 

それは、「妊娠線ができやすい人」に自分が当てはまっている可能性があります。

 

妊娠線ができやすい人の特徴って?

妊娠線ができやすい人の特徴を見て行きましょう。

 

妊娠線が作られる原因として、もっとも多いのが「乾燥」です。もともと乾燥肌の方は、妊娠線ができやすい人という事になりますね!

 

小柄な方も妊娠線ができやすいです。小柄な方は皮膚面積が狭く、皮膚が引っ張られやすいので早めの対策が必要になります!

 

さらに、急な体重増加・安定期も運動不足・2人目以降の経産婦・多胎妊娠・皮下脂肪が厚い方も、妊娠線ができやすい人になります。

 

そして何と言っても、妊娠線の予防クリームを使用していない方も、妊娠線ができやすいので妊娠初期からの早めのお手入れが求められます。

 

妊娠線ができにくい人の特徴って?

それでは、妊娠線ができにくい人は、どのような特徴があるのでしょうか?

 

妊娠線ができにくい人の条件を見てみると、個人差はありますが、体重増加の少ない妊婦さんは比較的妊娠線はできにくいです。赤ちゃんが成長していくに当たり、体重増加は当たり前の事なのですが、必要な栄養をしっかりと摂り余計な間食を控え、体重管理ができる方です。

 

また、お腹の膨らみが小さい方も妊娠線ができにくいです。お腹の膨らみが少なければ皮膚の引っ張りも少なく済みます。そして、妊娠線予防クリームを使用中の方も妊娠線ができにくく、できたとしても症状が軽い程度に済ませることができます。

 

妊娠線を予防するクリームを使用することで、硬く乾燥しがちな皮膚を柔らかく伸びやすくしてくれ、赤ちゃんの成長に対応できる皮膚にすることができます。保水・保湿も十分にあるので、皮膚が割れにくく肌の伸びをサポートしてくれるので、しっかり愛用している方は、妊娠線はできにくいのです。

 

結局はお手入れをしているかどうかです!

妊娠線ができやすい人とできにくい人の特徴を見てみると、急激な体重増加や乾燥肌、お手入れをしているか、していないかが鍵です!

 

妊娠線予防をしているからと言って、絶対に妊娠線ができないという保証はどこにもありません。妊娠線の予防をしつつ、できやすい人の特徴を知っておくことで、念入りなお手入れをすることができ、意識も高まり予防に努めることができるのですね!

 

妊娠線の予防に効果的な妊娠線クリームはこちら

 

 

関連ページ

妊娠線が一番できやすいのはいつ?
妊娠線ができてしまうことを恐れている方はたくさんいます。では、妊娠線が一番できやすい時期はいつなのでしょう?
妊婦さんの50%以上に妊娠線ができるって本当?
妊娠線とは主にお腹やももやお尻、そして胸などにできるスイカの模様のような線です。一度できてしまうと、いつの間にか消えるなんてことはありません。赤紫色の模様がいつの間にか現れるのです。出産後には赤紫ではなく、白っぽくなりますが消えるという事ではありません。線の跡が残ってしまうのです。妊娠していなくても、急に体重が増加することで同じような線ができてしまう事があります。女性だけでなく男性にもできる線なのです。
妊娠線をはじめて見た男性の本音とは!?
女性の大敵である妊娠線。可愛い赤ちゃんに出会えると思うと幸せでいっぱいですが、母体には多くの負担がかかることも考えなければなりません。よく出産を経験した女性の話を聞くと、体型が元に戻らない、肌質や髪質が変わってしまったなどたくさんの話を聞きます。そんな中でも多くの女性が悩まされるのは、妊娠線です。これは正直、頑張って予防していてもできてしまう人はいるのです。そして一度できてしまうと消えないのが妊娠線です。
1人目で妊娠線ができない人は2人目も安心?
女性は妊娠すると見た目にも心にも大きな変化が起こります。一度出産を経験された方は特にお分かりでしょうが、体に変化が起こることで女性としての自信をなくしてしまうこともあるのです。特に気にされる方が多いのは妊娠線です。お腹が急激に大きくなることで、表面の皮膚が伸びてしまい、その際にひび割れてしまうのです。しかし中には妊娠線が全くできない人もいます。ケアを行っているかどうかも大切ですが、その人の体質的なものもあります。