妊娠線はどうしてできるの?

初めて妊娠を経験する人は、妊娠線について知識を持っているでしょうか?自分には無関係と思っている人は要注意です!

 

妊娠線を予防するのであれば、妊娠初期からの対策をしていくことが大切です。また、遅くても、安定期に入る前には妊娠線の予防を開始していくことが求められます。

 

そもそも、妊娠線はどうしてできるのでしょうか?
「お腹が大きくなるので、皮膚が割れてしまうというのが大きな原因」
というのが、何となく感じると思います。

 

もう一つ大きな原因が有り、乾燥が原因で妊娠線がたくさんできてしまう場合があります。

 

妊娠線ケアは保湿がポイント♪

保湿力のある皮膚であれば、皮膚が伸びていくのに対応することができるのですが、乾燥し保湿力のない皮膚であれば、皮膚の伸びに対応することができず、少し大きくなっただけで裂けてしまうのです。

 

このことから、妊娠線の予防として一番行って欲しい対策が「保湿」なのです。単に保湿するのではなく、浸透力のある保湿クリームを使うのがポイントです。市販されているクリームでは保湿力が足りず、すぐに乾燥してしまいます。妊娠線専用の予防クリームを利用して、日々保湿を行っていくことが大切なのです。

 

保湿をしただけでも、妊娠線は予防することができます。しかし、週数が経つにつれてお腹はどんどん大きくなり、妊娠後期に入ると急激にお腹が大きく成長していきます。

 

赤ちゃんの成長に皮膚がついていくことができるように、保湿性と浸透力のあるクリームを選ぶことが大切です。
妊娠線ができる原因を理解して、しっかりと予防していくことで、産後のケアもしやすくなります。

 

保湿性と浸透力のあるクリームはこちら

 

関連ページ

妊娠線クリームは無臭の方が良い?
今話題の妊娠線クリーム「ベルタマザークリーム」を購入するなら、こちらの通販サイトがおすすめです!
できてしまった妊娠線にも妊娠線クリームは効果あるの?
できてしまった妊娠線は消えないと言われていますが、できてしまった妊娠線にも妊娠線クリームは効果あるのでしょうか?
どうすれば妊娠線はできにくくなるの?
どうすれば妊娠線をできにくくすることができるのでしょう?妊娠線ができにくくなれば、妊娠線ケアもラクになりますよね!
妊娠線クリームって保湿クリームと何が違うの?
妊娠線クリームって保湿クリームみたなもの?妊娠線クリームと保湿クリームって何が違うのでしょう?
妊娠線クリームはいつから使うと効果的?
妊娠線ケアクリームは、いつから使うとより効果を実感できるのでしょうか?
妊娠中のママ向けボディケアクリームといえば?
妊娠中のママ向けボディケアとしておすすめなのが、ベルタマザークリームです。保水力・保湿力が優れているので、乾燥から皮膚を守り、長時間保湿効果のあるクリームです。しっかりとクリームを活用することで、妊娠線予防に徹することができます!
安い妊娠線予防クリームってどうなの?
「高いから良いクリーム・安いからダメなクリーム」と言うわけではなく、お手入れ方法によっては、安いクリームでもしっかり予防をしていくことができます。高いクリームの特徴は、浸透力・保湿力が優れていて、お手入れが楽にできるものが多いです。安いクリームはお手入れ回数が増えて面倒に感じるものも多いのですが、きちんとお手入れをすることで妊娠線を予防することができます。
妊娠線予防クリームを選ぶコツとは?
妊娠線は急な体系の変化に皮膚がついていけず起こります。妊娠線予防クリームを早めに塗り始めることで予防することができます。妊娠線は、お腹やお尻、胸、モモ、腕などにできることが多いのでかなりの広範囲に妊娠線予防クリームを塗る必要があります。妊娠中に使うものは、妊婦用の物が安心して使う事ができます。妊娠線予防クリームを選ぶコツとしては、妊娠してから出産までかなりの量を必要とするので使い続けることができる価格かという事も重要となります。金額が高いからと、少ない量しか使わなかったり塗る場所を減らすなどという事では予防の効果が低くなってしまいます。しっかりと保湿ができる量を塗らなくてはいけません。妊娠線ができやすい場所にしっかりと必要な量を塗ることができるということが大切です。妊娠中は臭いに敏感になることも多いので香りがきつすぎないものがオススメです。
正中線も妊娠線予防クリームでケアできるの?
妊娠線は下腹部にスイカ模様の線ができますが、お腹の真ん中にも線が出ることがありますね。お腹の真ん中付近にある線の事を正中線と呼びます。この正中線も妊娠線の一つなのかな、と感じますが、正中線は妊娠線ではありません。正中線は自分自身が胎児だったころ細胞分裂をするにあたって残った線です。細胞分裂の際の接合部分の一つとして考えられています。そのため男性でも正中線はあります。通常は目立たないのですが、妊娠して目立つようになるのは、ホルモンバランスが乱れメラニン色素をためやすくなるためです。産後半年ほどたつとホルモンバランスも元に戻りますが、それに伴い正中線も薄くなっていきます。
熊田曜子さん愛用の妊娠線予防クリームって?
子供を授かるのはとても喜ばしいことで、みんなが笑顔になることは間違いありませんが、そんな中で母親となる女性にしかわからない悩みも沢山出てきます。その中の一つとしてあげられるのが妊娠線ではないでしょうか。一昔前は、妊娠したら妊娠線ができるのは当たり前のことであり、仕方がないと言われていましたが、現在では予防やケアで妊娠線が目立たなくなったり全くできないという人もいます。もちろん産後に対処するのも一つですが、事前に対策して予防する方が効果的ということは明らかです。