妊娠腺豆知識記事一覧

妊娠線予防のためのストレッチマーククリームを使う場合には、まず最初に自分の肌と相性が良いものを選びましょう。妊娠中は肌が敏感になっているので、新しいクリームを買って使う場合には注意してくださいね。クリームの使い方ですが、お腹がまだそれほど大きくない妊娠初期の頃に使う場合には、特に使い方に気を付けなくても、お風呂上りに全身にクリームを塗ってあげるような感じで使って問題ありません。しかし、お腹が目立ち...

妊娠線の予防をするためのクリーム選びは欠かせません。妊娠線クリームは色々な種類があり、どれにしようか迷ってしまいすよね?良いクリームは高くて買えないし、安いクリームは効果が期待できないイメージがあるので、無理してでも高いクリームを買うべきなのか・・・と迷った経験はあると思います。妊娠線クリームで欠かせないポイントは、「保湿力と浸透力」が優れているものを選ぶことがポイントです。色々な美容成分を配合し...

妊娠線予防クリームと呼ばれることも多いストレッチマーククリームは、たくさんのブランドからいろいろなテクスチャーや素材のものがラインナップされていて、どれにしようか迷ってしまうほど充実していますね。基本的には自分の肌と相性が良いものなら何でも効果を実感できますが、より満足度が高いストレッチマーククリームと出会うためには、いくつかのポイントを抑えた選び方をするのがおすすめです。妊娠線は、お腹が大きくな...

肌を保湿することは、妊娠線予防のためだけでなくたくさんのメリットがあります。妊娠するとお腹の皮膚が急激に引っ張られてしまい、表皮は伸びることができても内側の真皮層や皮下脂肪などは伸びることができずに亀裂が入ったり引きちぎられたりしてしまいます。それが妊娠線の原因となるわけですが、この症状を予防する方法の一つとして有効なのが、保湿ケアです。お腹が大きくなることで皮膚が引っ張られると、皮膚が薄く伸びる...

「妊娠線は作らせない!」とケアに取り組んでいる方は、一番効果的なタイミングでケアをしているでしょうか?良いクリームを使っていても、使うタイミングを逃してしまうと、折角の良いクリームの効果が半減してしまいます。クリームの特性を一番引き出すためにも、ケアのタイミングは知っておきたいですね!一番効果的なケアは、お風呂上りがおすすめです!お風呂上りは、十分保水されている状態ですが、一気に水分が逃げてしまう...

「妊娠線が太ももにできてしまった・・・」「え?妊娠線ってお腹だけにできるものじゃないの?」妊娠線と言うと、お腹にできるもの・・・こんなイメージがありますよね!しかし、妊娠線は太もも付け根やバスト付近にもできやすく、決してお腹周りだけにできるものではないのです!妊娠すると、赤ちゃんの成長に合わせてお腹が大きくなっていきます。ここで注意したいのが、大きくなっているのはお腹だけじゃないという事なのです!...

「妊娠線の予防がしたい!」「できてしまった妊娠線のケアがしたい!」こう思うのは、妊娠していてもキレイなママでいたいという証拠ですよね!妊娠線の予防やケアをするには、スキンケアが重要になります。顔のスキンケアは分かりますが、お腹にも?と疑問を感じる方も多いです。お腹もスキンケアをすることで、肌トラブルになりにくい肌環境にすることができるのです!妊娠線ケアは何を使う?妊娠線ケアに選ばれるものは、オイル...

妊娠線を作らせないためにしっかりとお手入れをしている方は、比較的妊娠線ができにくく、できたとしてもあまり目立たない程度で抑えることができます。妊娠初期から、早めのお手入れを開始することで、伸びやすく柔らかい皮膚にすることができ、赤ちゃんの成長に対応することができます。お腹が大きくなりだしてからお手入れを開始した場合、妊娠線が出ない人もいれば、妊娠線ができてしまう人もいるので、個人差があるので早めの...

「妊娠線の予防をしているから大丈夫!」と思っている方、本当に大丈夫でしょうか?妊娠中は、お腹が大きくなり、他の箇所の肌よりも乾燥しやすい状態になります。皮膚が伸びることにより肌の水分が抜けやすくなるので、保水だけではなく保湿ができるクリームを選ばなければなりません。市販のクリームを頻繁に塗り続けていれば大丈夫!こう感じている方も沢山いるようですが、市販のクリームでは保湿力が低いのであまりおすすめで...

「まだ、お腹はそんなに大きくないので、妊娠線予防はしなくてもよいのでは・・・?」妊娠線予防の開始は、人それぞれ異なります。「いつ始めればよいの?」と感じている方も多く、大抵はお腹が大きくなりだす頃です。「妊娠線は作りたくない!!」こんな方は、お腹が大きくなる前からお手入れを開始するのが理想的だと言われています。妊娠線の予防はできるだけ早く!「まだ早いのでは・・・?」こう思うのが一般的なのですが、お...

妊娠線のできる原因は、皮膚の急激な伸びとステロイドホルモンの影響があります。妊娠によって体重が急激に増加することで、ヒップやバスト、お腹などの大きくなるため、真皮や皮下組織の一部であるコラーゲンが、急激な伸びについていけず、断裂が起こって赤紫色の妊娠線ができます。また、妊娠中は、コルチコステロンドというホルモンの分泌が増加します。このホルモンは、肌の弾力を失わせる働きがあるため、妊娠中はいつもより...

妊娠して出産を終えると、妊娠線ができてしまっていてなかなか消えずに困っているという女性は多くいます。妊娠線は一度できてしまうとなかなか消えないので、妊娠中の予防が大切です。では、妊娠線予防で大切なことは何かご存知ですか。それは保湿です。妊娠線はどうやってできるの?妊娠線ができるメカニズムは急激なお腹の成長により細胞が傷つくことにあります。妊娠すると、中期以降の赤ちゃんの成長は著しくなります。それに...

赤ちゃんを授かったからこそできる妊娠線は、幸せの証拠ともいえます。しかし赤ちゃんを出産した後もきれいなお母さんとして頑張りたい妊婦さんからすると、少しでも目立たないようにケアしていきたいのが本心でしょう。しかし意外と一度目の妊娠を経験している経産婦ほど、二度目の妊娠の時に妊娠線のケアを忘れがちです。結果として妊娠線がはっきりと出てしまって戸惑う人も多いほどで、どうしてそうなってしまうというと、一度...

妊娠してお腹のふくらみが目立つとともに気になるのが妊娠線ケアです。妊娠線は一度できてしまうと改善するのは難しいため、妊娠初期から予防することが大切です。妊娠線予防に欠かせないのが、妊娠線予防クリームです。数多くある妊娠線予防クリームの中でも、話題になっているのが、シラノール誘導体が配合されたクリームです。シラノール誘導体は、海外では妊娠線予防に効果的な成分として認知度が高く、日本でも注目されていま...

妊娠すると体は日に日に変化していきますが、特に変化がわかりやすいのはお腹です。妊娠初期にはあまり目立ちませんが、中期、後期となると日に日にお腹は大きくなっていきますので、動きにくくなりますし、そしてお手入れが悪いと妊娠腺ができてしまうことにもつながります。妊娠腺は急激にお腹が膨れていくことで、肉割れを起こしますが、一度できてしまうときれいに消すのは難しくなってしまいます。そして油断しているとお腹だ...

多く女性にとって妊娠とは嬉しいものですが、妊娠することにより体に大きな変化が生まれます。目に見えて分かりやすいものから、目に見えないところまで確実に変化してゆくのです。精神的な変化は出産してしばらくすれば改善されることがほとんどですが、妊娠線はできてしまうとその後消えることはありません。それを防ぐためにもしっかりとケアを行うことが必要です。妊娠線とはお腹にいる胎児がおおきくなり、それに伴いもちろん...

妊娠線は、皮膚の奥にある真皮の部分が急激なお腹の膨張によって裂けてしまうことによってできる線のことです。妊娠線は実は痛みを伴います。できるきっかけが皮膚に亀裂が入った結果生じますので当然ではありますが、その痛みは通常の切り傷ともまた違っておりビリビリとした感覚を伴っており、通常の切り傷よりもさらに痛いというやっかいな特徴があります。妊娠線ができないようにクリームを塗ることで予防することについては可...

保湿剤として、皮膚科でもよく処方されるワセリンは、肌を包み込むように保護するため、医療用によく使用されています。刺激も少なく赤ちゃんから大人まで使えるワセリンは、妊娠線予防にも効果的です。そもそもワセリンとは、石油由来の成分を脱色して精製したもので、肌の表面を保護する役割を果たします。分子が大きいため肌には浸透せず、肌の表面にとどまって肌の水分が蒸発するのを防いだり、刺激から肌を守る目的などでよく...

妊娠線は、妊婦さんならほとんどの人が気になる妊娠中の悩みの一つではないでしょうか。 必ずしも出来る訳ではなく、ケアをしていなくても出来ない人もいれば、ケアをしていても出来てしまう人もいます。妊娠線が出来てしまう原因としては、急にお腹が大きくなってしまうことや乾燥などがあります。人間の皮膚には「表皮」「真皮」「皮下組織」があり、一番外側の表皮はある程度伸びますが、その下にある真皮や皮下組織は、表皮よ...

妊娠線ができないように予防している人は多いですが、予防していても実際にはできてしまう人も多いです。今の時代は出来て当たり前ではなく予防することが当たり前と考えている人も多いですが、妊娠中に予防にまで手が回らなくてできてしまったという人もいます。妊娠中にはあまり考えていなくても、いざできてしまうとかなりショックを受けるのではないでしょうか。アットノンは試してみる価値あり!?その際に妊娠線を消す効果が...

妊娠線とは、妊婦さんのお腹やお尻、太ももなどにできる白い筋のようなものを言います。それは妊娠し胎児が成長するのに伴って、その大きさと重さを支えるために皮膚に負荷がかかって引き延ばされてしまうことから引きつれたところに切れた傷のようなものが出来てしまうのです。また、妊娠による体重の急激な増加によってお尻や太ももにも同様な症状が現れることもあります。そのような妊娠線を予防するためにはマッサージが有効と...

妊娠線は、妊娠してから急速にお腹は大きくなっていきます。ただその大きくなる腹部に皮膚の伸びがついていかなくなってしまい、その結果として真皮が裂けてできる断裂跡を指します。妊娠線のでき方については、妊婦によって差があります。おへその上下に1本だけできる人が多いです。この場合の妊娠線を正中線と呼びます。ただ、気になる線が数本の人も十本以上もできる人も中にはおり、線がひび割れのようになってしまう人も存在...