妊娠線の予防にはとにかく保湿!

肌を保湿することは、妊娠線予防のためだけでなくたくさんのメリットがあります。

 

妊娠するとお腹の皮膚が急激に引っ張られてしまい、表皮は伸びることができても内側の真皮層や皮下脂肪などは伸びることができずに亀裂が入ったり引きちぎられたりしてしまいます。それが妊娠線の原因となるわけですが、この症状を予防する方法の一つとして有効なのが、保湿ケアです。

 

お腹が大きくなることで皮膚が引っ張られると、皮膚が薄く伸びるため、肌は乾燥しやすくなりますし、硬くなりやすくなってしまいます。乾燥した肌はバリア機能が下がっているので外からの刺激や摩擦に対してトラブルを起こしやすくなってしまうという特徴がありますし、外からの刺激を受けると肌がかゆくなったりすることが多くなりますね。

 

しかし、肌を保湿してあげることによって、お腹が大きくなって皮膚が引っ張られても肌の乾燥を予防することができますし、バリア機能を正常に近い状態で維持できます。

 

そうすれば、肌が外の刺激を受けてもかゆくなったりする症状が起こりません。私は肌が乾燥していたので、妊娠中はいつもお腹がかゆくてポリポリかいてしまいました。その結果、お腹にはスイカのような線がたくさんできてしまったのです。

 

妊娠線予防のための保湿

妊娠線予防のための保湿は、いろいろな方法があります。まず、入浴剤に保湿剤を入れるという方法は誰でも簡単にできるのでおすすめです。使わなくなった化粧水や乳液などがある人は、入浴剤と一緒に湯船に入れるのも良いでしょう。

 

入浴剤の中には保湿効果の高いものもありますから、香りや成分によって選ぶのも毎日の入浴タイムが楽しくなって良いですね。とにかく意識するのは「保湿!」です。

 

また、お風呂上りには保湿クリームやローションなどをたっぷり塗ってあげることも必要です。化粧水や美容液など、顔に使うスキンケアを使う必要はありませんが、妊娠線予防のためのクリームなどを使えば、予防してくれる成分に加えて保湿成分なども入っているので効果的に妊娠線予防ができます。

関連ページ

ストレッチマーククリームの簡単な使い方!
ストレッチマーククリームの使い方は簡単です!そんなストレッチマーククリームの簡単な使い方をご紹介します!
妊娠線クリームを選ぶポイントはコレ!
妊娠線クリームって色々あってどれにすれば良いかわからないですよね?妊娠線クリームを選ぶポイントをご紹介します!
ストレッチマーククリームを選ぶポイント!
ストレッチマーククリームを選ぶ時は何を基準に選びますか?ストレッチマーククリームを選ぶポイントをご紹介します!
妊娠線ケアはお風呂があがりがおすすめ?
妊娠線ケアはお風呂上りがおすすめですが、他の時間でも、自分が気になった時にクリームを塗り、ケアをしていきましょう。保湿を持続させることで、妊娠線ができにくくなります。お風呂上がりのケアが最適と言っても、1日1回のケアだけではなく、他の時間のケアも意識して行いましょう。
妊娠線ケアはお腹以外にどこが必要なの?
妊娠線は、お腹周りだけではなく、太ももやバストなど広範囲にかけてできやすくなります。お手入れも広範囲にかけて行うのが理想的で、一番できやすいお腹周りは良いクリームを利用して対応していきましょう。赤ちゃんとの対話ができる時間でもあるので、楽しく取り組みましょうね!
妊娠線ケアはクリームとオイルどっちがおすすめ?
妊娠線ケアは、「クリーム」がおすすめですが、オイルを使いたい方は無理に変えなくても良いです。クリームは、保水・保湿できるタイプが増えていて、「塗りやすくケアしやすい」という声も多いので、クリームがおすすめに感じます。
妊娠線が産後にできることってあるの?
産後は気が緩みがちになり、体重管理や栄養管理などから解放される時でもあります。食べたいものを我慢していた方は、どんどん食欲が出て食べ過ぎて体重が激増してしまい、綺麗だったお腹が肉割れしてしまう場合も珍しい事ではないので、産後も体重・栄養管理は続けていきましょう。
お腹がかゆい!妊娠線の前兆か!?
妊娠線の一番の原因は「乾燥」です。乾燥状態が続くと痒みがでてしまい、妊娠線できてしまうので保湿をしっかりしてあげましょう。「かゆい!!」と思ったら妊娠線の兆候であり、目に見えなくても目立たないだけで、既に作られている可能性もあります。 妊娠線ができてしまったとしても、諦めずにお手入れは続けていきましょう!
妊娠線予防は早ければ早いほど効果的!?
妊娠線の予防は、妊娠初期の早い段階からスタートした方が妊娠線ができにくいです。お腹がまだ大きくないから大丈夫と油断せず、お腹が大きくなる前からのお手入れを大事にしましょう!
妊娠線の原因をしっかり把握!
妊娠線のケアをするには、妊娠線ができてしまう原因についてしっかり把握しておくことをおすすめします!できてしまった原因を把握することで、対策方法が変わってきますからね!
妊娠線予防で一番大切なことって?
妊娠して出産を終えると、妊娠線ができてしまっていてなかなか消えずに困っているという女性は多くいます。妊娠線は一度できてしまうとなかなか消えないので、妊娠中の予防が大切です。では、妊娠線予防で大切なことは何かご存知ですか。それは保湿です。
経産婦さんの方が妊娠線ができやすいの?どうして?
赤ちゃんを授かったからこそできる妊娠線は、幸せの証拠ともいえます。しかし赤ちゃんを出産した後もきれいなお母さんとして頑張りたい妊婦さんからすると、少しでも目立たないようにケアしていきたいのが本心でしょう。しかし意外と一度目の妊娠を経験している経産婦ほど、二度目の妊娠の時に妊娠線のケアを忘れがちです。結果として妊娠線がはっきりと出てしまって戸惑う人も多いほどで、どうしてそうなってしまうというと、一度目に妊娠線がはっきりと出来なかったので二度目も大丈夫だろうと過信したのが理由です。
シラノール誘導体が妊娠線ケアに効果的!?
妊娠してお腹のふくらみが目立つとともに気になるのが妊娠線ケアです。妊娠線は一度できてしまうと改善するのは難しいため、妊娠初期から予防することが大切です。妊娠線予防に欠かせないのが、妊娠線予防クリームです。数多くある妊娠線予防クリームの中でも、話題になっているのが、シラノール誘導体が配合されたクリームです。シラノール誘導体は、海外では妊娠線予防に効果的な成分として認知度が高く、日本でも注目されています。実際、シラノール誘導体が配合されたクリームを使った海外のモニター実験では、初産のグループでは8割、出産経験があるグループでは約6割の人が妊娠線予防効果を認めています。
ニベアの青缶で妊娠線ケアできる?
妊娠すると体は日に日に変化していきますが、特に変化がわかりやすいのはお腹です。妊娠初期にはあまり目立ちませんが、中期、後期となると日に日にお腹は大きくなっていきますので、動きにくくなりますし、そしてお手入れが悪いと妊娠腺ができてしまうことにもつながります。妊娠腺は急激にお腹が膨れていくことで、肉割れを起こしますが、一度できてしまうときれいに消すのは難しくなってしまいます。そして油断しているとお腹だけではなく、バストや太ももなどにも妊娠腺はできてしまいます。
妊娠線は臨月にできやすい?その理由とは?
多く女性にとって妊娠とは嬉しいものですが、妊娠することにより体に大きな変化が生まれます。目に見えて分かりやすいものから、目に見えないところまで確実に変化してゆくのです。精神的な変化は出産してしばらくすれば改善されることがほとんどですが、妊娠線はできてしまうとその後消えることはありません。それを防ぐためにもしっかりとケアを行うことが必要です。そもそも妊娠線とはお腹にいる胎児がおおきくなり、それに伴いもちろんお腹も大きくなって行きます。するとお腹の表面の皮膚がパンパンに張ってしまい、ひび割れのようなものが起きるのです。特に大きくなるのが臨月です。すでに大きくなっているお腹が出産に向けて最大限に大きくなるため、臨月にできやすいのです。
妊娠線って痛いの?
妊娠線は、皮膚の奥にある真皮の部分が急激なお腹の膨張によって裂けてしまうことによってできる線のことです。妊娠線は実は痛みを伴います。できるきっかけが皮膚に亀裂が入った結果生じますので当然ではありますが、その痛みは通常の切り傷ともまた違っておりビリビリとした感覚を伴っており、通常の切り傷よりもさらに痛いというやっかいな特徴があります。妊娠線ができないようにクリームを塗ることで予防することについては可能です。その場合には、肌を治す力があるタイプのものを選んで購入するようにします。
妊娠線予防のワセリンって効果あるの?
保湿剤として、皮膚科でもよく処方されるワセリンは、肌を包み込むように保護するため、医療用によく使用されています。刺激も少なく赤ちゃんから大人まで使えるワセリンは、妊娠線予防にも効果的です。そもそもワセリンとは、石油由来の成分を脱色して精製したもので、肌の表面を保護する役割を果たします。分子が大きいため肌には浸透せず、肌の表面にとどまって肌の水分が蒸発するのを防いだり、刺激から肌を守る目的などでよく使用されています。
妊娠線予防にオリーブオイルが効果的!?
妊娠線は、妊婦さんならほとんどの人が気になる妊娠中の悩みの一つではないでしょうか。必ずしも出来る訳ではなく、ケアをしていなくても出来ない人もいれば、ケアをしていても出来てしまう人もいます。妊娠線が出来てしまう原因としては、急にお腹が大きくなってしまうことや乾燥などがあります。人間の皮膚には「表皮」「真皮」「皮下組織」があり、一番外側の表皮はある程度伸びますが、その下にある真皮や皮下組織は、表皮よりも弾力性がなく伸びが悪いので妊娠線が出来てしまうのです。
アットノンで妊娠線を消すことができるのか!?
妊娠線ができないように予防している人は多いですが、予防していても実際にはできてしまう人も多いです。今の時代は出来て当たり前ではなく予防することが当たり前と考えている人も多いですが、妊娠中に予防にまで手が回らなくてできてしまったという人もいます。妊娠中にはあまり考えていなくても、いざできてしまうとかなりショックを受けるのではないでしょうか。
ベビーオイルで妊娠線予防は効果あり!?
妊娠線とは、妊婦さんのお腹やお尻、太ももなどにできる白い筋のようなものを言います。それは妊娠し胎児が成長するのに伴って、その大きさと重さを支えるために皮膚に負荷がかかって引き延ばされてしまうことから引きつれたところに切れた傷のようなものが出来てしまうのです。また、妊娠による体重の急激な増加によってお尻や太ももにも同様な症状が現れることもあります。そのような妊娠線を予防するためにはマッサージが有効と言われていますが、何もつけずにマッサージすることは、また違った刺激を肌に与えてしまうことになりかねません。
妊娠線対策!炭酸メソ治療法とは?
妊娠線は、妊娠してから急速にお腹は大きくなっていきます。ただその大きくなる腹部に皮膚の伸びがついていかなくなってしまい、その結果として真皮が裂けてできる断裂跡を指します。妊娠線のでき方については、妊婦によって差があります。おへその上下に1本だけできる人が多いです。この場合の妊娠線を正中線と呼びます。ただ、気になる線が数本の人も十本以上もできる人も中にはおり、線がひび割れのようになってしまう人も存在します。こうした場合には美容面でかなり見た目的に気にしてしまいがちです。また、主に腹部に妊娠線ができますが中には太ももやお尻のあたりなどに妊娠線ができることもあります。